いとう王子神谷内科外科クリニック

MENU
インターネット予約はこちら
English Site
TEL:0359597705
0359597705

ピロリ菌外来

  • HOME
  • ご挨拶・医師紹介
  • 初めての方へ
  • クリニック紹介
  • 診療時間・アクセス

ピロリ菌とは

イメージ

ピロリ菌は近年、胃がんや胃・十二指腸潰瘍の重要な原因の一つと考えられています。
正式名称を“ヘリコバクター・ピロリ”と言い、ヘリコとは「らせん状」という意味で、バクターとはバクテリア(細菌)、ピロリとは胃の出口で十二指腸へとつながる部分(幽門)を意味する「ピロルス」というラテン語の単語に由来します。この菌は、胃の幽門部から初めて見つかったのです。
ピロリ菌の最も大きな特徴は、酸素の存在する大気中では発育しないことで、酸素にさらされると、徐々に死滅していきます。
大きさは約3μm(マイクロメートル)で、4~7本の鞭毛(べんもう)を持ち、この鞭毛を高速で回し、その回転力で胃の中をドリルのように進んで、移動します。
ピロリ菌が強酸性下で生きていられるのは、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、アンモニアで酸を中和することにより、自身の「周囲の酸」を和らげているからです。

胃がんとピロリ菌

ピロリ菌に感染すると胃粘膜が炎症を起こし、胃の痛みや不快感、吐き気を伴う慢性胃炎や胃粘膜の組織が減少してしまう萎縮性胃炎へと進んでいきます。この萎縮性胃炎は「前がん状態」と言われ、胃がんの発症リスクが非常に高い病態です。そして日本人の胃がんの99%にピロリ菌が関与していることがわかってきました。胃がんの発症を防ぐ意味でも、ピロリ菌の除菌が推奨されるのです。

胃・十二指腸潰瘍とピロリ菌

ピロリ菌が胃壁に取り付くと、細胞を弱らせてしまう毒素を出し始めます。すると、菌を排除しようとして血液中の白血球やリンパ球が付近に集まります。
両者の戦いが激しくなると、胃の粘膜が炎症を起こして胃炎になったり、胃や十二指腸の粘膜が深くえぐられて消化性潰瘍になったりすると考えられます。

ピロリ菌の検査

当院では、胃にピロリ菌がいるかどうかの検査を行っております。
ピロリ菌の検査には、内視鏡(胃カメラ)検査を伴う方法と、内視鏡検査を伴わない方法があり、それぞれ3つずつ、全部で6つの方法があります。

内視鏡検査を伴う方法

内視鏡で胃の粘膜を少し採取し、下記のいずれかの方法で検査します。

培養法

胃の粘膜を磨り潰し、ピロリ菌の発育環境下で5〜7日間培養して判定します。

迅速ウレアーゼ法

ピロリ菌がもつウレアーゼという酵素の働きによってつくられるアンモニアの有無を調べます。

組織鏡検法

胃粘膜の組織標本に特殊な染色を施し、顕微鏡でピロリ菌がいるかどうかを調べます。

内視鏡検査を伴わない方法

内視鏡検査を行わず、次のいずれかの方法で検査します。

尿素呼気試験

呼気(吐き出した息)を集めて診断する方法です。ピロリ菌がもつウレアーゼという酵素の働きによってつくられる二酸化炭素の量を調べます。最も精度の高い方法です。

抗体測定法

ピロリ菌に対する抗体が、血液や尿に存在するかどうかを調べる方法です。

糞便中抗原測定法

糞便中にピロリ菌の抗原(細菌毒素や菌体成分)があるかどうかを調べる方法です。

※保険適応でピロリ菌の検査が行えるのは、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、早期胃がんに対する内視鏡的治療後の患者さんです。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌の除菌には、プロトンポンプ阻害薬(胃酸の分泌を抑える薬)と抗生物質を7日間服用します。プロトンポンプ阻害薬で胃酸の分泌を抑えておいてから抗生物質でピロリ菌を除菌するのです。
服用終了後から約1ヶ月後以降に、除菌療法の効果を判定します。
この方法による除菌率は、わが国では70~90%と報告されています。
最初の除菌療法でうまくいかなかった場合は、違う薬を使って再度、除菌療法を行うことができます。この方法により、さらに90%以上の方で除菌が可能と言われています。
この除菌により、感染期間が長きにわたっており、萎縮性胃炎の進んだ人でも発がんリスクを3分の1以下に減らすことが可能で、また30歳未満の若い世代なら発がんリスクをゼロに近づけることも期待できます。

診療カレンダー
8月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829303101

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

9月
26272829303101
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30010203040506

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • : 休診
  • : 午前休診
  • : 午後休診

  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日
当日受付状況はこちら

当日受付状況はこちら

乳がん検診「月~木のAM検診」「女性医師・女性放射線技師」「予約制」

日本乳がんピンクリボン運動 ジャパン・マンモグラフィーサンデー(R) 2018年度賛同医療機関

ジャパン・マンモグラフィーサンデー(R) 10月第3日曜日はマンモグラフィー検査がけ受けられる日曜日

EPARK人間ドック・各種検診「簡単ネット予約」

クリニック・ドクターについての情報はこちら

問診票

待ち時間短縮のため事前にダウンロード及び記載をして、来院時にご持参ください。

一般内科外科の方
問診表1問診表2
乳腺外来の方
問診表1問診表2

※乳腺外来の方は両方をお持ちください。


ピロリ菌検査・除菌

胃がんハイリスク健診+北区特定健診 期限が、残り約10日です!
北区 特定健康診断が、8月末で終了です。通常の北区特定健診+胃がんハイリスク健診(採血のみによるABC検診)は、2週間を切りました。予約は電話での受付となっておりますが、直前でもなるべく対応可能としたいと思います。胃がんハイリスク検診は、予約が不要です(採血のみですので、逆に言いますと、予約を承りません)。お越しいただいたら、別枠で看護師主導で行います。結果説明のご予約はお電話のみ(診療日・診療時間内)承ります。
※因みに、日曜日、土曜日の午後、祝日は、北区特定健康診断の対象外です。(胃がんハイリスク検診も同様です)  https://www.city.kita.tokyo.jp/k-suishin/gan/igan-risk.html
本日8.18より 9月の土日診療予約を解禁します。
本日8.18より 9月の土日診療予約をお電話最優先にて、解禁します。
ネット予約は、初回来院時のみなので、お電話優先でお願いします(診療日・診療時間内対応)

2019年9月祝日・旗日以外の休診・時短情報8.17-14時 初版
9.3~7時短16時受付迄
9.14 (土) 休診
9.15 (日):時短12時
9.21(土)超短10時迄
9.22(日) :時短12時
9.28(土) :時短15時
9.29(日) :時短11時
※9月の土日で恩師の2診有(混雑緩和で推奨日)は9.08(日)
8月の時間短縮と休診について
8月の予定初版を公開します。変更でたら適宜アップします。祝日は振替休日も含めて、当院はもともと休みですので、載せてありません。

※祝日・旗日は基本休診
※当日ホームページ最終確認願います
※しばしば救急(ER)的な状況も生じます。予約・予約外も、 順番を変更して診療することもあります(非完全予約制)

8.10(土)~15(木) 時短 16時
8.17(土) 休診
8.24(土) 時短 16時
8.25(日) 休診
8.31(土) PM休診

※8月の土日診療のうち推奨日は、2診有の8.18(日)と8.24(土)です。
2人体制ですので、待ち時間緩和の土日です。

詳しくはこちらをご覧ください。
よろしくお願い致します。
8月の乳がん検診推奨日について
2019年8月の乳がん検診推奨日についてご案内いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
9月の乳がん検診推奨日について
2019年9月の乳がん検診推奨日についてご案内いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
2回目以降の受信の方へ
2回目以降の受診の予約は、受付窓口または診療日・診療時間内のお電話にて承ります。
詳しくはこちら
健康診断の費用について【改訂予告】
2019年10月より、健康診断の費用を改訂させていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。
入場可時間≒受付開始時間の御理解のお願い
患者様皆様へ、入場に関してのお願いを記載しました。詳しくはこちらをご覧ください。
ピロリ菌関連の問い合わせ について
お問い合わせの多いピロリ菌検査、除菌について 胃カメラとの関連、自費、保険診療についてポイントを列挙してみました。 詳しくはこちらをご覧ください。
北区特定健康診断がもうすぐ解禁!
皆さまお待たせしました。北区 特定健康診断が、6月から開始です。予約は電話での受付となり、5.17解禁です。胃がんハイリスク検診は、予約が不要です(予約を承りません)。お越しいただいたら、別枠で看護師主導で素早く行います。

※因みに、日曜日、土曜日の午後、祝日は、北区特定健康診断の対象外です。(胃がんハイリスク検診も同様です)
5.03の朝ZIPに出演しました。
皆様、今日5.02は、ゴールデンウィークの診療事情について、日テレ様が取材入りました。
5.03の朝ZIPに出演しました。御協力を頂き、ありがとうございました。

尚、Facebook いとう王子神谷内科外科クリニック
ページから写真がご覧になれます。
ピンクリボンのJ.POSHのサイトに掲載されました。
ピンクリボンのJ.POSHのサイトに掲載されました。
http://www.j-posh.com/
乳がん検診の施設画像評価を経て、本日、ピンクリボンのJ.POSHのサイトの東京都→北区の一覧に載せてもらいました。
詳しくはこちら
乳がん検診の普及を推進していきたいと考えています。
マンモグラフィ検診施設として認定を受けました
このたび当院は、日本乳がん検診制度管理中央機構よりマンモグラフィ検診施設として画像認定を受けました。
保険証の扱いについて
日本の医療保険側からの指導にて、近年は保険証の扱いについて、当院などクリニックにおいては、今後、厳格に保険証必須主義で扱う必要がある事がわかりました。(生活保護の方で、平日、区役所に確認をとれる場合は例外です)

①保険証発行中などの証明書は、実質は、無効という扱いになります。医療証・医療券なども同様です。
保険証実物をお持ちになるまでは、一旦自費です。
しかし、保険証を後で持ってくるかたなのか、保険資格を消失しているかたなのか、を鑑別して、正しい診療録登録のため、と位置づけます。

後日精算のための、保険証持参の期限は、当該の月末です。
皆様、御周知くださいます様、よろしくお願いします。
詳しくはこちら

②東京都以外、および23区以外の場合は、子供などの医療証(難病など)は多くが使ってはなりません。医療保険(国保や社保)は使えますので、一度自己負担(2~3割)をお支払いいただいたのちに、その当院発行の領収書を、各お住いの市町村の区役所・市役所などにお持ちいただき、審査が通れば、償還払いとなります。

④各々、有効期限にお気を付けください。また領収書は再発行や明細書はできませんので、必ず大切に保管してください。

⑤医療証や保険証の有効期限切れは決して使用しないでください。また職場が変わるとき、やめるとき、支払いが滞っているときなどは資格が喪失する月を必ず教えていただきますよう、よろしくお願いいたします。その場合、変更する月を、診療がまたいでしまう場合、まずは資格喪失状態ですので必ず自費で一度清算・後日領収書を以て確認しての返金となります。このリミットははやり月末まで、となっております。よろしくお願いいたします。
取材記事 復活しました
ドクターズファイルの取材記事が1年くらいぶりに復活しました。https://doctorsfile.jp/h/179293/
https://doctorsfile.jp/h/179293/
ZIPの取材受けました。大腿骨頭壊死について明日4.02(月)朝放送予定
4.01(日曜日)、日本テレビのZIPの依頼をうけて、坂口憲二さんの特発性大腿骨頭壊死症についての突撃取材を受けました。
放送は日本テレビ系列の、   明日4.02朝のZIP。AM7時~8時の間にOn Airとなる見込みです番組ホームページはこちらhttp://www.ntv.co.jp/zip/
ハナタカ優越館 で 風邪の予防について 取材放送の予定
http://www.tv-asahi.co.jp/hanataka/sphone/#plot
2.16金曜日に、風邪の予防の意外な知見について、出演者の芸能人の回答にたいする解説コメントを求められ、当クリニック2診での収録を終えました。今回は、テレビ朝日系列木曜日19時の、クリームシチューのハナタカ優越館といつバラエティ番組で、放送は来週2.22木曜日の19時から←無事に放送されました。御視聴いただきました関係者の方々、誠にありがとうございました。コメントは45秒くらい、顔だしは約10秒くらいでした。
TV取材うけました。On Airは2.09金曜日 テレビ東京23時~23時半 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
2.09(金曜日)テレビ東京でインフルエンザの治療についての、当院での治療について、放映がされる見込みです。
時間はワールドビジネスサテライト 23時~23時30分の間にOn Airとなる見込みです。
番組ホームページはこちら
診療カレンダー
8月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829303101

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

9月
26272829303101
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30010203040506

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • :休診
  • :午前休診
  • :午後休診
  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日


  • 伊藤院長のインタビュー記事が掲載されました
  • 手術数でわかるいい病院
  • facebook
  • 8大癌制圧プロジェクト
  • 人間ドックプラン
  • 人間ドック各種健診
  • 人間ドック・健診個人負担の方インターネット予約はこちら
  • KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
  • LovesBaby.jp 愛する赤ちゃんを守るための感染症&ワクチン情報サイト
  • トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ
  • 20分でわかるアレルギー検査
  • カプセル内視鏡大腸用
  • カプセル内視鏡 小腸用
  • カプセル内視鏡(動画)
  • 在宅酸素療法
  • いびきの治療
pagetop