いとう王子神谷内科外科クリニック

MENU
インターネット予約はこちら
English Site
TEL:0359597705
0359597705

漢方外来

  • HOME
  • ご挨拶・医師紹介
  • 初めての方へ
  • クリニック紹介
  • 診療時間・アクセス

漢方薬による治療

イメージ

ご希望の患者様には、漢方外来において、漢方薬を使った治療を行っております。
皆様は漢方というと、どんなイメージをお持ちでしょうか。
これまで一般の医療機関では、あまり漢方による治療がなされてこなかったので、よくご存じでない方も少なくないかと思います。
以下で、漢方について簡略にご説明しましょう。

漢方は日本の伝統医学

漢方は、奈良時代に中国から入ってきた古代中国医学が、その後日本で独自の発展を遂げたものであり、したがって日本の伝統医学です。しかし、時の明治政府が国の方針として、西洋医学を学んだ者のみを医師に認定した影響で、一時は影を潜めていました。しかし一方では、それ以降も多くの医師たちが漢方医学を発展させ、治療を行ってきたのも事実です。最近は漢方の良さが広く再認識されており、医学部の講義でも必修科目になりました。
それに漢方は、決して西洋医学と相反するものではありません。むしろ、西洋医学的な手法を存分に活かすなかで漢方治療を受けていただくことも可能です。
また、漢方薬は効くのが遅い、保険が利かないというイメージ・認識が広まっているようですが、決してそんなことはなく、たとえば風邪などの急性疾患に対して速効性がある薬がありますし、保険適用の漢方製剤もたくさん出回っています。

漢方処方の仕方

誰もがもともと兼ね備えている「自然治癒力」を高め、体を本来あるべき状態に整えるような処方を行うのが基本です。
一人一人の自然治癒力を高めるためには病名で診断するだけでなく、証(漢方的な基準からみた患者さんの心身の状態)や病態によって最も適した薬を選び、使い分けることが必要になります。ですから、同じ症状だからと言って同じ漢方薬を使用しても、人によって効いたり効かなかったりします。その人に合った漢方薬を、その人に合った飲み方で使う必要があるのです。
漢方薬だけを数種類組み合わせる方法、西洋医学の治療薬と併用する方法等、一つの症状でも、患者さんお一人お一人それぞれに異なってきますし、同じ患者さんでも体調の変化により処方は変わってきます。
漢方では、患者さんの体質と病態の双方を考慮に入れながら、そのときどきの処方をするのです。

漢方は不調対策も得意

また、人の体は健康と病気の二つの状態にはっきりと分かれるのではなく、体調がすっきりしないのに医療機関で検査しても「異常無し」と言われるような、白でも黒でもない灰色の状態があります。これを漢方では「未病」と呼び、はっきりした病気ではないのですが、病気が本格化し、症状が顕在化する前の状態と考え、放置すれば病気になる可能性があると考えます。
体質を改善したり、体の治癒力を高めたりして病気が悪くなる前に治していくのが漢方の基本的な考え方です。西洋医学では病気とは見なされないような不調も、漢方は得意とするところなのです。

女性と漢方

女性特有の不調に大きな影響を与えているのが女性ホルモンの変化であり、閉経時に起こる更年期障害などは、その代表例です。
更年期障害のほか、初経時、妊娠・分娩時、毎月の月経などのホルモン変化によって起こる症状としては冷え、肩こり、イライラ感、不眠などがあり、どこが悪いと明確にできないこうした病態を西洋医学では「不定愁訴」「自律神経失調症」などと呼び、あまり積極的な治療は行ってきませんでした。
これに対し漢方では、体全体のバランスを整える観点から、ホルモン変化によって生じる様々な症状、どこが悪いと特定できないような病態を改善するのに効果を発揮します。
日本人女性の平均寿命が87歳近くにもなり、閉経後30年以上を生きる女性にとって、この長い年月をいかに過ごすかは重要なテーマです。女性にとって、漢方治療は今後もますます無くてはならない医療になっていくと思われます。

診療カレンダー
6月
27282930310102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

7月
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
29303101020304

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • : 休診
  • : 午前休診
  • : 午後休診

  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日
当日受付状況はこちら

当日受付状況はこちら

乳がん検診「月~木のAM検診」「女性医師・女性放射線技師」「予約制」

日本乳がんピンクリボン運動 ジャパン・マンモグラフィーサンデー(R) 2018年度賛同医療機関

ジャパン・マンモグラフィーサンデー(R) 10月第3日曜日はマンモグラフィー検査がけ受けられる日曜日

EPARK人間ドック・各種検診「簡単ネット予約」

クリニック・ドクターについての情報はこちら

問診票

待ち時間短縮のため事前にダウンロード及び記載をして、来院時にご持参ください。

一般内科外科の方
問診表1問診表2
乳腺外来の方
問診表1問診表2

※乳腺外来の方は両方をお持ちください。


ピロリ菌検査・除菌

7月の土日予約解禁します。
本日6.18火曜日の午前中準備出来次第、7月の土日予約解禁します。基本的に、電話のみで受付ます。よろしくお願いします。
今週末のお知らせ(土曜日時短、日曜日AM通常)
※祝日・旗日は基本休診
※当日ホームページ最終確認願います
※しばしば救急(ER)的な状況も生じます。予約・予約外も、 順番を変更して診療することもあります(非完全予約制)

【以降の予定 再掲載】
6.22(土)PM16時(夕方時短):研修
6.23(日)AM11時(時短):研修
6.29(土)PM15時迄受付(PM時短):会議
6.30(日)休診(乳腺関連の用事で完全にOFF)

※7月の土日のうち推奨日は、Dr 淀縄のhelpありの7.07(日)で す。
待ち時間緩和の日曜日です。

詳しくはこちらをご覧ください。
よろしくお願い致します。
【6月の時短/推奨日予告】と、アイチケット導入のお知らせ
6月の土日の診療予定が決まり、ご予約をお電話にて承っております。
※次回の土日推奨日は、Dr淀縄のhelpありの6.16(日)です。

【6月の時短/推奨日予告】
6.08(土)AM○ PM休診(予約外でもiチケット導入1日目で予約外順番進行が見えるので目安になり、少し便利です)
6.09(日)通常どおりAM診療(iチケット導入2日目)

6.15(土) AM○ PM休診:この日は会議のため人数・時間制限あり、時間前に受付を閉鎖の可能性あり
6.22(土)PM16時(夕方時短)
6.29(土)PM15時迄受付(PM時短)
6.30(日)休診

詳しくはこちらをご覧ください。
よろしくお願い致します。
6月の乳がん検診推奨日について
2019年6月の乳がん検診推奨日についてご案内いたします。詳しくはこちらをご覧ください。
7月の乳がん検診推奨日について
2019年7月の乳がん検診推奨日についてご案内いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
恩師淀縄Drともにやる民間自前の日曜外来=次回2019.6.16(日)はオススメ。
日曜診療指向のかたへ
恩師淀縄Drともにコラボしながら診療が展開される民間自前の日曜外来=6.16(日)はオススメします。
毎月一度の感謝DAYとなり、日曜特別2診体制で対応致しました。4月はさすがにスムーズで、待ち時間は予約なしでも15分~60分以内であったと思います(風邪も落ち着いており空いていました)。5月は1~2時間待ちで、それでも少し混みました。しかし、私伊藤の恩師 淀縄Drのお手伝いがある、民間の自設の日曜外来です。次回は6.16(日)に予定しています。いつもの土日と違って、日曜日なのに2診体制で、おすすめです。それでも、ある程度のお待ち時間だけは御容赦くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
入場可時間≒受付開始時間の御理解のお願い
患者様皆様へ、入場に関してのお願いを記載しました。詳しくはこちらをご覧ください。
北区特定健康診断がもうすぐ解禁!
皆さまお待たせしました。北区 特定健康診断が、6月から開始です。予約は電話での受付となり、5.17解禁です。胃がんハイリスク検診は、予約が不要です(予約を承りません)。お越しいただいたら、別枠で看護師主導で素早く行います。

※因みに、日曜日、土曜日の午後、祝日は、北区特定健康診断の対象外です。(胃がんハイリスク検診も同様です)
5.03の朝ZIPに出演しました。
皆様、今日5.02は、ゴールデンウィークの診療事情について、日テレ様が取材入りました。
5.03の朝ZIPに出演しました。御協力を頂き、ありがとうございました。

尚、Facebook いとう王子神谷内科外科クリニック
ページから写真がご覧になれます。
2回目以降の受信の方へ
2回目以降の受診の予約は、受付窓口または診療日・診療時間内のお電話にて承ります。
詳しくはこちら
北区乳がん検診は 予約は電話のみで、4.19以降予約解禁
北区乳がん検診は5.01からです。予約は電話のみで、4.19以降予約解禁となります。早めにお電話ください。
ピンクリボンのJ.POSHのサイトに掲載されました。
ピンクリボンのJ.POSHのサイトに掲載されました。
http://www.j-posh.com/
乳がん検診の施設画像評価を経て、本日、ピンクリボンのJ.POSHのサイトの東京都→北区の一覧に載せてもらいました。
詳しくはこちら
乳がん検診の普及を推進していきたいと考えています。
ピロリ菌関連の問い合わせ について
お問い合わせの多いピロリ菌検査、除菌について 胃カメラとの関連、自費、保険診療についてポイントを列挙してみました。 詳しくはこちらをご覧ください。
マンモグラフィ検診施設として認定を受けました
このたび当院は、日本乳がん検診制度管理中央機構よりマンモグラフィ検診施設として画像認定を受けました。
itokcオリジナルでの乳がん検診につき改定しました。2018秋の改定11-06初版
背景として、先日自費の乳がん検診のかたから、多分、古い値段、割引の値段がわかりにくいと指摘がありました。電話を受ける皆様、受付の皆様もわかりにくかったことと思います。
そこで、わかりやすく、そしてマンモグラフィとエコーの両方の総合検診、総合判定を推進するのしたいという考えを元に、総合検診を1万円と大幅に安価にして統一しました。

尚、外部の各社のドックのサイト
MARSO
ここからだ
E パーク
などは、別に設定があるので、それぞれです。宜しくお願い致します。

尚、来年2019のマンモサタデーかマンモサンデーなどは別に設定となります。
詳細はこちら
保険証の扱いについて
日本の医療保険側からの指導にて、近年は保険証の扱いについて、当院などクリニックにおいては、今後、厳格に保険証必須主義で扱う必要がある事がわかりました。(生活保護の方で、平日、区役所に確認をとれる場合は例外です)

①保険証発行中などの証明書は、実質は、無効という扱いになります。医療証・医療券なども同様です。
保険証実物をお持ちになるまでは、一旦自費です。
しかし、保険証を後で持ってくるかたなのか、保険資格を消失しているかたなのか、を鑑別して、正しい診療録登録のため、と位置づけます。

後日精算のための、保険証持参の期限は、当該の月末です。
皆様、御周知くださいます様、よろしくお願いします。
詳しくはこちら

②東京都以外、および23区以外の場合は、子供などの医療証(難病など)は多くが使ってはなりません。医療保険(国保や社保)は使えますので、一度自己負担(2~3割)をお支払いいただいたのちに、その当院発行の領収書を、各お住いの市町村の区役所・市役所などにお持ちいただき、審査が通れば、償還払いとなります。

④各々、有効期限にお気を付けください。また領収書は再発行や明細書はできませんので、必ず大切に保管してください。

⑤医療証や保険証の有効期限切れは決して使用しないでください。また職場が変わるとき、やめるとき、支払いが滞っているときなどは資格が喪失する月を必ず教えていただきますよう、よろしくお願いいたします。その場合、変更する月を、診療がまたいでしまう場合、まずは資格喪失状態ですので必ず自費で一度清算・後日領収書を以て確認しての返金となります。このリミットははやり月末まで、となっております。よろしくお願いいたします。
取材記事 復活しました
ドクターズファイルの取材記事が1年くらいぶりに復活しました。https://doctorsfile.jp/h/179293/
https://doctorsfile.jp/h/179293/
ZIPの取材受けました。大腿骨頭壊死について明日4.02(月)朝放送予定
4.01(日曜日)、日本テレビのZIPの依頼をうけて、坂口憲二さんの特発性大腿骨頭壊死症についての突撃取材を受けました。
放送は日本テレビ系列の、   明日4.02朝のZIP。AM7時~8時の間にOn Airとなる見込みです番組ホームページはこちらhttp://www.ntv.co.jp/zip/



ハナタカ優越館 で 風邪の予防について 取材放送の予定
http://www.tv-asahi.co.jp/hanataka/sphone/#plot
2.16金曜日に、風邪の予防の意外な知見について、出演者の芸能人の回答にたいする解説コメントを求められ、当クリニック2診での収録を終えました。今回は、テレビ朝日系列木曜日19時の、クリームシチューのハナタカ優越館といつバラエティ番組で、放送は来週2.22木曜日の19時から←無事に放送されました。御視聴いただきました関係者の方々、誠にありがとうございました。コメントは45秒くらい、顔だしは約10秒くらいでした。
TV取材うけました。On Airは2.09金曜日 テレビ東京23時~23時半 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
2.09(金曜日)テレビ東京でインフルエンザの治療についての、当院での治療について、放映がされる見込みです。
時間はワールドビジネスサテライト 23時~23時30分の間にOn Airとなる見込みです。
番組ホームページはこちら
診療カレンダー
6月
27282930310102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

7月
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
29303101020304

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • :休診
  • :午前休診
  • :午後休診
  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日


  • 伊藤院長のインタビュー記事が掲載されました
  • 手術数でわかるいい病院
  • facebook
  • 8大癌制圧プロジェクト
  • 人間ドックプラン
  • 人間ドック各種健診
  • 人間ドック・健診個人負担の方インターネット予約はこちら
  • KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
  • LovesBaby.jp 愛する赤ちゃんを守るための感染症&ワクチン情報サイト
  • トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ
  • 20分でわかるアレルギー検査
  • カプセル内視鏡大腸用
  • カプセル内視鏡 小腸用
  • カプセル内視鏡(動画)
  • 在宅酸素療法
  • いびきの治療
pagetop