いとう王子神谷内科外科クリニック

MENU
インターネット予約はこちら
English Site
TEL:0359597705
0359597705

花粉・アレルギー

  • HOME
  • ご挨拶・医師紹介
  • 初めての方へ
  • クリニック紹介
  • 診療時間・アクセス

花粉症とは

イメージ

現在、日本人の5人に1人が花粉症と言われ、もはや“国民病”の観さえ呈しています。
原因は食生活や住環境の変化により、アレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)など、様々な要因が考えられていますが、基本的には、戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超え、花粉の量が著しく増加しているのが大きな原因とみられています。
花粉症は、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となって、立て続けのくしゃみや鼻みず、鼻づまり、目の痒み、目の充血、涙などの症状を引き起こします。
アレルギーを引き起こす植物としてはスギやヒノキの花粉が代表的ですが、これら以外にも、イネ科のカモガヤやハルガヤ、キク科のブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類が知られています。

花粉症の治療法

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、治療を始める前にアレルギーの原因を特定することで、症状を起こりにくくすることが可能です。
アレルギー検査では、問診や鼻鏡検査を行うとともに、血液検査によってアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を特定します。その上で治療は、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)、および薬物療法を中心に進めます。
治療法には、主に以下のような方法があります。

内服薬

花粉の飛散が開始する2週間前(症状の出る前)から飲み始めます。症状が出てから薬を飲み始めるのに比べて、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻みず、くしゃみ症状が強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレー

花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、鼻づまりなどの症状が強い人では、内服薬に併用して局所スプレー用います。

スギ花粉症の舌下免疫療法

舌の下にスギ花粉を含むエキス(シダトレン)を滴下して、舌下に保持させたまま2分間ほどそっとしておき、その後に飲み込みます(もともと注射用に使われている薬と同じ成分で、極めて安全につくられており、安全性に心配はいりません)。このエキスの量を少量から始めて徐々に増やし、アレルギー反応を起こさないように仕向けていき、スギ花粉症を治癒に導く治療法です(スギ花粉症の治療法であるため、その他のアレルギーには効果が期待できません)。
舌下免疫療法は継続的な治療が必要で、まずは2年ほどこの治療を行い、効果を確認します。そこである程度効果のみられた方には、3~5年間の治療をお勧めします。
舌下免疫療法で根治するのは10~20%で、程度の差はありますが全体の70~80%の人に有効と言われます。(当院でも舌下免疫療法を徐々に導入予定です。)

舌下免疫療法の実際
治療開始時期

安全性の観点から、スギ花粉の飛散が始まる直前や飛散時期に治療を開始することはできません(5~12月の間に、治療はスタートします)。

服用期間

1日1回、スギ花粉が飛んでいないシーズンも含めて毎日、少なくとも2年、できれば3~5年続けます。

服用方法

スギ花粉を含むエキス(シダトレン)を舌の下に滴下し、2分間保持した後、飲み込みます。その後5分間は、うがい・飲食を控えます。

舌下免疫療法は下記のような患者様にお勧めです(例)
  • 治療期間が長期にわたっても、治癒(スギに対するアレルギー体質がなくなる)を望んでいる
  • 飲み薬や鼻スプレーをしても、症状が軽くならない
  • 飲み薬を用いると、眠気などの副作用がひどい
  • 花粉症の薬がたくさん必要なので、減らしたい
  • まだ若いので、これからも毎年花粉症に悩むことを考えると憂うつになる
  • 数年内に妊娠希望や予定は無いものの、将来的に妊娠した際に薬が使えないのが不安
  • 大学等の受験期がスギ花粉症の時期と重なるので、少しでも症状を改善しておきたい

アレルギーについて

アレルギーが疑われたらご相談ください

近年、気管支喘息やアレルギー性鼻炎(花粉症)など、アレルギー*関連の病気にかかる人がたいへん増えて来ました。現代病の一つとも言えるでしょう。
当院では、アレルギー物質によって引き起こされる、気管支喘息、花粉症、食物アレルギーなどの診断や治療を行います。
気になるアレルギー性の症状、またはアレルギー性の可能性がありそうな症状がみられたら、ご相談ください。

*アレルギー:私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきた時に、これら外敵を攻撃しようとする免疫機能が備わっています。ところが、この免疫が、食べ物や花粉など私たちの体に害を与えないものまでを有害物質と認識して過剰に反応し、攻撃し過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き起こしてしまうのがアレルギーです。本来なら体を守るはずの免疫反応が、自分自身を傷つけてしまうアレルギー反応に変わってしまうわけです。

初診に際して

初めて「アレルギー科」を受診する際には、下記のような「メモ書き」を準備しておくと、診療がスムーズに進みます。

  • 初めて症状が出た時期
  • 症状の具体的な内容
  • 症状が出たきっかけ
  • その後の症状の経過
  • これまでにかかった医療機関
  • これまでに受けた検査の結果
  • これまでに使用してきた薬の名称
  • 家族にアレルギー患者がおられるかどうか
  • ペットの有無
  • 喫煙者の有無 など

アレルギー科で扱う代表的な疾患

気管支喘息

気管支喘息は、空気の通り道である気道が炎症などで狭くなることによって、喉が「ゼーゼー・ヒューヒュー」と鳴ったり(喘鳴)、せきや痰が出て呼吸が苦しくなったりする病気です。朝や夜寝る時など、一定の時間に症状が現れる、あるいはせきが止まらなくなるような場合は、この病気かも知れません。
気管支喘息では、アレルギーを引き起こす原因物質である埃やダニ、ペットの毛などが体内に入り、気管支でアレルギー反応を起こします。風邪やストレスが刺激となって、症状がひどくなるケースもあります。
治療としては、抗原回避(アレルゲンを排除する環境整備)をし、喘息治療薬を適切に用います。ぜんそくの治療薬には、発作を予防するために定期的に使う長期管理薬(コントローラー)と、発作が起きた時に、その症状を鎮めるために頓服的に用いる発作治療薬(リリーバー)の2種類があります。

花粉症

花粉症とはアレルギー性鼻炎の一種で、植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、などの症状を引き起こします。
原因物質としては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。
症状としては、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状が現れます。ひどくなると、せき、喉や皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。
治療は、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)と薬物療法を中心に進めます。
薬物療法には、主に下記のような方法があります。

内服薬

花粉の飛散が始まる2週間前(症状の出る前)から飲み始めます。症状が出てから薬を飲み始めるのに比べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻みず、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレー

花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて局所スプレーを併用します。

スギ花粉症の舌下免疫療法

舌の下にスギ花粉を含むエキス(シダトレン)を滴下して、舌下(ぜっか)に保持させたまま2分間ほどそっとしておき、その後に飲み込みます(もともと注射用に使われている薬と同じ成分で、極めて安全につくられており、安全性に心配はいりません)。このエキスの量を少量から始めて徐々に増やし、アレルギー反応を起こさないように仕向けていき、スギ花粉症を治癒に導く治療法です(スギ花粉症の治療法であるため、その他のアレルギーには効果が期待できません)。

食物アレルギー

食べ物が原因となって引き起こされるアレルギーのことを食物アレルギーと言います。食物アレルギーの症状は、じんましんなどの皮膚症状、喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒューする)などの呼吸器症状をはじめ、目や鼻、消化管などにおける症状も見られます。
原因となる食べ物には、鶏卵、そば、魚、乳製品、エビ・カニ、小麦、ピーナッツ、大豆などが知られています。原因となる食材はいろいろな検査で見つけ出します。そうした食材を見つけることができたら、治療は原因となる食材をアレルギー症状が出る間は除去します(食物除去)。原因となる食べ物を少しずつ食べていくことで、その食べ物が食べられるようにする方法が採られることもあります。
薬物療法としては、抗アレルギー薬をしばらく用いたりします。
なお、乳幼児では成長とともに消化管機能が成熟し、消化力が発達して、次第にアレルギー症状が軽くなり、原因となる食物が食べられるようになるケースもよくあります。

診療カレンダー
12月
25262728293001
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30310102030405

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

1月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930310102

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • : 休診
  • : 午前休診
  • : 午後休診
  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日
当日受付状況はこちら

当日受付状況はこちら

乳がん検診「月~木のAM検診」「女性医師・女性放射線技師」「予約制」

日本乳がんピンクリボン運動 ジャパン・マンモグラフィーサンデー(R) 2018年度賛同医療機関

ジャパン・マンモグラフィーサンデー(R) 10月第3日曜日はマンモグラフィー検査がけ受けられる日曜日

EPARK人間ドック・各種検診「簡単ネット予約」

クリニック・ドクターについての情報はこちら

問診票

待ち時間短縮のため事前にダウンロード及び記載をして、来院時にご持参ください。

一般内科外科の方
問診表1問診表2
乳腺外来の方
問診表1問診表2

※乳腺外来の方は両方をお持ちください。

睡眠時無呼吸症候群の方
問診票1

ピロリ菌検査・除菌

12月11日(水)のお知らせ
12月11日(水)のお知らせ
本日12月11日(水)予約・検査を勘案して、予約外の、当日窓口受付システム”AMのiチケット”は【13(~18)】番迄です。途中で判断します。 (但しショック・合併症など超緊急のかたは、Staffにお尋ねください)

(乳腺外科・インフルワクチン・事前予約は、iチケット対象外・別枠なのでAM受付時間12時30分迄の来院のかたは、大丈夫です)
PMのiチケット予約外は制限は未定です。

B型肝炎ワクチン不足に対する緊急対策お知らせ
全国的にB型肝炎ワクチンのヘプタバックスが生産停止となり不足します➡政府の対策により当面の間ほぼ全て“ビームゲン”に変更になります。
・効果に差はない
・価格変更なし
・互換性あり、と知られています。今は、在庫多少あります。
詳しくはこちらをご覧ください。院長
インフルA・マイコプラズマ流行しています。ご注意を!
冬の感染症シーズン突入を感じます。
この週末、11.30(土)、12.01(日)で10人以上のインフルエンザAと、5人以上のマイコプラズマ肺炎を診断しました。高い熱の風邪が、流行っていると体感しました。本格的な、流行期突入を感じます。
マスク・うがい・手洗い・早めの受診をお勧めします。
ワクチン未接種のかたは、早めのワクチン接種をお勧めします。
インフルエンザワクチン:予告通り、12月1日から価格が上がります。
インフルエンザワクチン:予告通り、12月1日から価格が上がります。
予告通り、12月1日から価格が上がります。
改訂価格はこちらをご覧ください。
1月の乳がん検診推奨日について
2020年1月の乳がん検診推奨日についてご案内いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
12月の乳がん検診推奨日について
2019年12月の乳がん検診推奨日についてご案内いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
現在、12月の土日の診療スケジュールは11.19(火)から公開・電話のみで受付開始。
現在、12月の土日の診療スケジュールは11.19(火)から公開・電話のみで受付開始。

毎月土日は予約枠はかなり希少になりそうです。12月は、平日での受診予約をお取りいただくことをお勧めします。予約外でもiチケット制度でかなり多くの(20-50人以上)患者さんの診察は可能です。しかし、iチケットにもリミットが必要となる日もございます。変更点は、このHPにて適宜お知らせしますので、御注目をよろしくお願い致します。

詳しくはこちらをご覧ください。
何卒よろしくお願い致します。

医療法人社団ITOKC理事長・院長 伊藤
11.20 (火) TBSテレビ様の”Nスタ”の取材(インフルエンザ診療の現場の取材)に協力体制 です。
11.20 (火) TBSテレビ様の”Nスタ”の取材(インフルエンザ診療の現場の取材)に協力体制となります。インタビューなど同意が得らえる方にはご協力をお願いします。顔出しなどNGのかたは受付にお声をかけてください。
また、診療の合間などに撮影で、多少遅れがでることもあります。御理解と御協力をよろしくお願い致します。On Airは本日11.20(火)の夕方とのことです。
9時頃~ですが、診療は基本的に続行します。従って、iチケットは進みが多少遅くなります。御迷惑をおかけしますが、医療の現場・現況を伝える役割を果たせるよう取材への御協力をよろしくお願い致します。
本日、TV取材ありました。(本日2019.11.14 テレビ東京 23時 WBC インフルエンザの診療について)
TV取材ありました。(本日2019.11.14 テレビ東京 23時 WBC インフルエンザの診療について)

11月14日お昼前後の、準緊急でテレビ東京様のTV取材があり、無事におわりました。御協力頂きました皆様、ありがとうございました。
11.14 (木) 夜23時放送の、TV東京様の”WBS”の取材(インフルエンザ診療の現場の取材)です。
診療は基本的にほぼフルに続行しながらの撮影となり、時間のやりくりにハラハラ。 皆様に大変御迷惑をおかけしましたが、医療の現場・現況を伝える役割を果たせるよう、取材への協力をさせていただきました。
皆様、今日の11時に、テレビ東京On Airです(WBC:ワールドビジネスサテライト)です。ぜひ、お風呂の中で見るか、録画予約を、よろしくお願い致します。    伊藤
11月14日お昼前後TV取材協力体制の・お願い緊急
11月14日お昼前後TV取材協力体制の・お願い緊急

11.14 (木) TV東京様の”WBS”の取材(インフルエンザ診療の現場の取材)に協力体制となります。インタビューなど同意が得れた方にはご協力をお願いします。

プライバシーに十分に配慮して頂くものですが、取材の打診や顔出しなど、一切NGのかたは受付にお声をかけてください。

また、診療の合間などに撮影で、多少遅れがでることもあります。御理解と御協力をよろしくお願い致します。
11時頃~PMですが、診療は基本的に続行します。従って、iチケットは進みが遅くなります。

大変御迷惑をおかけしますが、医療の現場・現況を伝える役割を果たせるよう取材への御協力をよろしくお願い致します。   理事長・院長 伊藤
2回目以降の受信の方へ
2回目以降の受診の予約は、受付窓口または診療日・診療時間内のお電話にて承ります。
詳しくはこちら
入場可時間≒受付開始時間の御理解のお願い
患者様皆様へ、入場に関してのお願いを記載しました。詳しくはこちらをご覧ください。
ピロリ菌関連の問い合わせ について
お問い合わせの多いピロリ菌検査、除菌について 胃カメラとの関連、自費、保険診療についてポイントを列挙してみました。 詳しくはこちらをご覧ください。
5.03の朝ZIPに出演しました。
皆様、今日5.02は、ゴールデンウィークの診療事情について、日テレ様が取材入りました。
5.03の朝ZIPに出演しました。御協力を頂き、ありがとうございました。

尚、Facebook いとう王子神谷内科外科クリニック
ページから写真がご覧になれます。
ピンクリボンのJ.POSHのサイトに掲載されました。
ピンクリボンのJ.POSHのサイトに掲載されました。
http://www.j-posh.com/
乳がん検診の施設画像評価を経て、本日、ピンクリボンのJ.POSHのサイトの東京都→北区の一覧に載せてもらいました。
詳しくはこちら
乳がん検診の普及を推進していきたいと考えています。
マンモグラフィ検診施設として認定を受けました
このたび当院は、日本乳がん検診制度管理中央機構よりマンモグラフィ検診施設として画像認定を受けました。
保険証の扱いについて
日本の医療保険側からの指導にて、近年は保険証の扱いについて、当院などクリニックにおいては、今後、厳格に保険証必須主義で扱う必要がある事がわかりました。(生活保護の方で、平日、区役所に確認をとれる場合は例外です)

①保険証発行中などの証明書は、実質は、無効という扱いになります。医療証・医療券なども同様です。
保険証実物をお持ちになるまでは、一旦自費です。
しかし、保険証を後で持ってくるかたなのか、保険資格を消失しているかたなのか、を鑑別して、正しい診療録登録のため、と位置づけます。

後日精算のための、保険証持参の期限は、当該の月末です。
皆様、御周知くださいます様、よろしくお願いします。
詳しくはこちら

②東京都以外、および23区以外の場合は、子供などの医療証(難病など)は多くが使ってはなりません。医療保険(国保や社保)は使えますので、一度自己負担(2~3割)をお支払いいただいたのちに、その当院発行の領収書を、各お住いの市町村の区役所・市役所などにお持ちいただき、審査が通れば、償還払いとなります。

④各々、有効期限にお気を付けください。また領収書は再発行や明細書はできませんので、必ず大切に保管してください。

⑤医療証や保険証の有効期限切れは決して使用しないでください。また職場が変わるとき、やめるとき、支払いが滞っているときなどは資格が喪失する月を必ず教えていただきますよう、よろしくお願いいたします。その場合、変更する月を、診療がまたいでしまう場合、まずは資格喪失状態ですので必ず自費で一度清算・後日領収書を以て確認しての返金となります。このリミットははやり月末まで、となっております。よろしくお願いいたします。
取材記事 復活しました
ドクターズファイルの取材記事が1年くらいぶりに復活しました。https://doctorsfile.jp/h/179293/
https://doctorsfile.jp/h/179293/
ZIPの取材受けました。大腿骨頭壊死について明日4.02(月)朝放送予定
4.01(日曜日)、日本テレビのZIPの依頼をうけて、坂口憲二さんの特発性大腿骨頭壊死症についての突撃取材を受けました。
放送は日本テレビ系列の、   明日4.02朝のZIP。AM7時~8時の間にOn Airとなる見込みです番組ホームページはこちらhttp://www.ntv.co.jp/zip/
ハナタカ優越館 で 風邪の予防について 取材放送の予定
http://www.tv-asahi.co.jp/hanataka/sphone/#plot
2.16金曜日に、風邪の予防の意外な知見について、出演者の芸能人の回答にたいする解説コメントを求められ、当クリニック2診での収録を終えました。今回は、テレビ朝日系列木曜日19時の、クリームシチューのハナタカ優越館といつバラエティ番組で、放送は来週2.22木曜日の19時から←無事に放送されました。御視聴いただきました関係者の方々、誠にありがとうございました。コメントは45秒くらい、顔だしは約10秒くらいでした。
TV取材うけました。On Airは2.09金曜日 テレビ東京23時~23時半 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
2.09(金曜日)テレビ東京でインフルエンザの治療についての、当院での治療について、放映がされる見込みです。
時間はワールドビジネスサテライト 23時~23時30分の間にOn Airとなる見込みです。
番組ホームページはこちら
診療カレンダー
12月
25262728293001
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30310102030405

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

1月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930310102

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • :休診
  • :午前休診
  • :午後休診
  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日


  • 伊藤院長のインタビュー記事が掲載されました
  • 手術数でわかるいい病院
  • facebook
  • 8大癌制圧プロジェクト
  • 人間ドックプラン
  • 人間ドック各種健診
  • 人間ドック・健診個人負担の方インターネット予約はこちら
  • KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
  • LovesBaby.jp 愛する赤ちゃんを守るための感染症&ワクチン情報サイト
  • トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ
  • 20分でわかるアレルギー検査
  • カプセル内視鏡大腸用
  • カプセル内視鏡 小腸用
  • カプセル内視鏡(動画)
  • 在宅酸素療法
  • いびきの治療
pagetop