いとう王子神谷内科外科クリニック

MENU
インターネット予約はこちら
TEL:0359597705
0359597705

キービジュアル

開院日開院日
  • HOME
  • ご挨拶・医師紹介
  • 初めての方へ
  • クリニック紹介
  • 診療時間・アクセス
facebook
手術数でわかるいい病院
facebook
Itokcが提唱する 8大癌制圧プロジェクト
Itokcの人間ドックプラン
人間ドック各種健診
人間ドック・健診個人負担の方インターネット予約はこちら
トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ
カプセル内視鏡(大腸用)
カプセル内視鏡(小腸用)
カプセル内視鏡(動画)

スタッフ募集スタッフ募集

※当院は完全禁煙クリニックを目指しております。非喫煙者の方を募集します。
※ご応募は、専用フォームよりお願いいたします。

  • スタッフ募集スタッフ募集
  • スタッフ募集スタッフ募集
  • スタッフ募集スタッフ募集
  • スタッフ募集スタッフ募集
  • スタッフ募集スタッフ募集
ピックアップ
2018年2月の乳がん検診・自費検診・保険診療について
2018年2月の乳がん検診推奨日について、プレリリースです。詳しくはこちらをご覧ください。
2018年3月の乳がん検診・自費検診・保険診療について
2018年3月の乳がん検診推奨日について、プレリリースです。詳しくはこちらをご覧ください。
TV取材うけました。On Airは2.09金曜日 テレビ東京23時~23時半 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
2.09(金曜日)テレビ東京でインフルエンザの治療についての、当院での治療について、放映がされる見込みです。
時間はワールドビジネスサテライト 23時~23時30分の間にOn Airとなる見込みです。
番組ホームページはこちら
2018年1・2月の時短・休診の予定について 再掲載
2018年1・2月の時短・休診の予定はこちらをご覧ください。
今月は研修の為、(土)はPM時短 17時受付迄。診療終了は18:30までです。(医師会等研修会あり)
※当日、忘れずに、ホームページの”お知らせ欄”にて臨時休診ないか?を御確認願います(http://itokc.jp)
院長・副院長・スタッフの体調により臨時の休診は常にあり得ます。

当院の特長

  • 消化器内視鏡消化器内視鏡
  • 内科・一般外科内科・一般外科
  • 乳腺外来乳腺外来

当院からのお知らせ

今季のインフルエンザワクチン2.20より
インフルエンザワクチン 大量在庫保管期間終了しました。数人分のみ在庫がありますが、それ以降の希望者は予約を基本とします。
2.21(水) 診療はAM○PMは時短17時受付迄


※当日忘れずに、ホームページの”お知らせ欄”にて臨時休診ないか?を御確認願います(http://itokc.jp)
天候や交通事情・院長・副院長・スタッフの体調により臨時の休診は常にあり得ます。

2月の時短・休診検討日(2.18版)

2.21(水) 診療○ですがPM時短(17時受付まで、診療17:30迄) 研修会の為。よろしくお願いいたします。


2.24(土)AM○ PM時短17時受迄の時短
2.25(日) 時短(11時か、11時半受付まで)(未確定)
※ほか、祝日/金曜は元々休診日です

・2017年6月より、土日診療を中心に原則的に生活習慣病での服薬などの事前予約のかた優先→その後、もしくは合間に当日直来・その他のかたの診療 という順序を基本にして診療としています
・また、急病や諸事情により時短・休診日情報は常に院内外の掲示や、HP(http://itokc.jp)の“お知らせ欄”やお電話で直前に御確認をお願いします。予約は平日(月~木)に事務にお電話ください。
ハナタカ優越館 で 風邪の予防について 取材放送の予定
http://www.tv-asahi.co.jp/hanataka/sphone/#plot
2.16金曜日に、風邪の予防の意外な知見について、出演者の芸能人の回答にたいする解説コメントを求められ、当クリニック2診での収録を終えました。今回は、テレビ朝日系列木曜日19時の、クリームシチューのハナタカ優越館といつバラエティ番組で、放送は来週2.22木曜日の19時からだそうです。7割の確率で採用とのことです。尺の関係で調整するらしいとうことで、本採用されるかは分かりませんが、その時はご容赦くださいませ。※事前に延期や、没になった連絡が来たら、掲載いたします。※内容については、お楽しみに。
3月の乳がん検診・保険(精査)可能日
2018年3月の乳がん検診・保険(精査)可能日(北区検診は終了済み)2.20改訂3版
乳がん検診は直接電話予約をお願いします。気になる症状は、早めにお越しください。下記は乳がん検診の推奨日です。土日は乳腺外科・乳がん検診(副院長)は休みです。
 
         【3月の乳がん検診の予約可能日】new            
3.01 (木曜日) PM14:30 ~16:30受付迄 
3.05 (月曜日) AM10時 ~12:30受付
3.06 (火曜日) AM10時 ~12:30受付  
3.07 (水曜日) AM10時 ~12:30受付
3.08 (木曜日) PM14:30 ~16:30受付迄
3.12 (月曜日) AM10時 ~12:30受付
3.13 (火曜日) AM10時 ~12:30受付 / PM14:30 ~16:30受付迄
3.14 (水曜日) AM10時 ~12:30受付
3.19 (月曜日) AM10時 ~12:30受付
3.20 (火曜日) AM10時 ~12:30受付/ PM14:30 ~16:30受付迄
3.26 (月曜日) AM10時 ~12:30受付
3.27 (火曜日) AM10時 ~12:30受付 PM14:30 ~16:30受付迄
3.28 (水曜日) AM10時 ~12:30受付 
3.29 (木曜日) PM14:30 ~16:30受付迄
 

 ・北区の乳がん検診:当院は北区乳がん検診実施の施設です。
(しかし、H.29年度の北区の乳がん検診を受けられるのは、1月末迄で終了です。)
通常の検診・精密検査は上記スケジュールで可能です。 

乳幼児で2か月から始まる各種ワクチン 症例限定で予約可能です
乳幼児で2か月から始まるHib・ロタ・B型肝炎・プレベナー・4種混合ワクチン、さらに6か月以降で、BCGや4種・Hib・プレベナー・ヘプタバックス・4種混合(クアトロバック)・水痘・おたふく・MRワクチンを定期接種の予定のかた、当院でも個別にスケジュール立案・接種を行っております。小児経験の豊富な看護師・助産師とともに、医師も他の看護師も、乳幼児の全ワクチンに対して、経験を積んでまいりました。症例限定・予約制ですので、まずはお電話でお問い合わせください。
カプセル内視鏡推進 再掲載
北区初のカプセル内視鏡Pillcumのお知らせ
動画を入手したの御参考までに。https://www.facebook.com/itokc.jp/

自費で13万円すが、苦痛の少ない全消化管検査ができます。
御夫婦など2人連続で検査可能な場合には割引致します。
2月の乳がん検診残りの設定日
2018年2月の乳がん検診・保険(精査)可能日(北区検診は終了済み)2.20改訂版
乳がん検診は直接電話予約をお願いします。気になる症状は、早めにお越しください。下記は乳がん検診の推奨日です。土日は乳腺外科・乳がん検診(副院長)は休みです。
 
      【2月の乳がん検診の予約可能日】new            
9.21(水曜日) AM10時 ~12:30受付
2.22(木曜日)            PM14:30 ~16:30受付迄
2.26 (月曜日) AM10時 ~12:30受付
2.27 (火曜日) AM10時 ~12:30受付 PM14:30 ~16:30受付迄
2.28 (水曜日) AM10時 ~12:30受付 


 ・北区の乳がん検診:当院は北区乳がん検診実施の施設です。
(しかし、H.29年度の北区の乳がん検診を受けられるのは、1月末迄で終了です。)
通常の検診・精密検査は上記スケジュールで可能です。 
王子駅前のNew day's裏のデジタルハイビジョンTVで放映中
2月から、王子駅前のNew day's裏のデジタルハイビジョンモニターにて、診療内容の紹介をしております。マンモGの写真や、バスの乗り場の案内は必見です。王子駅改札~エスカレータを登るときに右手に注目。6分間のうち、15秒だけ流します。枠は、春の期間限定なので、お早めにご覧くださいませ!
診療統計Flu(インフルエンザ編)
2017年10月~2018年2月4日現在(今年度)、2.04迄の時点での集計をまとめてみました。(小規模データにすぎないため、特に深い意味はありませんが、定点観測みたいな意味はあるかもしれません)

インフルエンザ(当院で診断名つけた症例:再診例を含む) 全471例

(内訳)
インフルエンザA 192例
インフルB 276例
不明 3例(臨床診断)
でした。

うち、当院での治療例の内訳(抗ウイルス薬での治療例:全278例
(内服)タミフルカプセル(大人)28例
タミフルDS(小児) 44例

(吸入)
リレンザ65例
イナビル87例

点滴(重症例のラピアクタ)54例
転院搬送(入院必要例)1例
そのほか:(治療を要さないものは、他院で治療後にフォローで来院されたかた)
6月から 大腸と小腸にカプセル内視鏡が可能です。
便潜血陽性・血便・下痢の続くかたへ

本来は精査・生検・場所によりその場で切除も可能な大腸内視鏡を行うべきですが、どうしてもハードルが高いというかたには、大腸・小腸カプセル内視鏡を導入しました。一度受診いただき、保険適応がなければ自費で行うことが可能です。

保険適応は、大腸内視鏡がどうしても中断された症例にあり、諸費用を含めておおよそ3万程度。

自費診療では13万円(税別)と高額ですが、保険適応状の制限はありません。早めに受診・相談・御予約ください。
乳房・乳汁ケア・卒乳の為の助産師外来
2018年1月より、助産師と女性認定医師のコラボレーションによる乳房・乳汁ケア・卒乳の為の助産師外来を新設しました。乳汁分泌異常、乳腺炎(痛み)などが詳しくは本ホームページ内のバナーをご覧ください。本日1.29は乳房ケア外来日です。AMは予約が込み合っております。今後の予約・日程についてはTELにてお問い合わせください。(平日の、助産師外来設定日を御案内します)
乳がん自費検診(マンモグラフィ+エコー総合判定)のススメ
乳腺マンモグラフィ撮影技術認定の女性技師の待機する日は、日本の進行乳がん撲滅のために活用していただきたいと思います。 
(乳腺ドック)プレミアム自費検診(マンモグラフィー+エコー+指診・触診)をすべて助成技師・医師により可能です。検診受診率の向上のため、秋までの促進価格(通常より-2000円)と設定させていただきました。

マンモグラフィー 10000円→8000円(税込)
乳腺エコー 7000→5000円(税込)

マンモ+乳腺エコー+視診触診・同日説明セット13000→11000円(税込)

・AMは10:30~12:00、PMは14:00~16:15までにお越しいただく
・予約(優先的に診療致します。待ち時間はほぼ微小です)
・精度をたかめるため制汗パウダーを付けてこないこと、
・予約を電話で事前におこなうこと、
・授乳中はさけること

をお気を付けください。

https://www.kanja.jp/021219tab9.html#tNavi

これに受診券の受診番号を教えて頂ければ、Web経由で予定を調整することも可能です。
ハイドロキノン予約 再掲載
しみ取りの切り札:ハイドロキノン製剤(自費、予約販売)開始します。4%が定価で3000円、2%のコンシーラーが定価で3500円(税別)でお求め易くなっております。医療機関でしかかえない医療品のため、当院スタッフまで、お問い合わせください。
13価肺炎ワクチン(プレベナー)のススメ(65歳~)、50歳~の帯状疱疹ワクチンのススメ
夏がおわり、秋から冬になるとインフルエンザと共に流行りだすのが熱・肺炎・気管支炎で止まりにくい咳です。65歳以上のかたは特に予防として一生に1回13価のワクチン(プレベナーR)と、23価のワクチン(ニューモバックス)を両方打つことをお勧めします。23価の方は、都(区)の助成で4000円で接種可能な券(問診票)が届くはずです。ただし65歳(になる年度)にしか使えないため、4~9月生まれのかたは、①プレベナー接種(自費で10800円) ②半年後にニューモバックス(区の助成の券をつかうと4000円)を年度内に接種 をお勧めします。
プレベナーは一生に1度ですので、一生ものです。

65歳になりました早めにプレベナー(13価)→半年以上4年以下間隔→ニューモバックス(23価)がベストですが、ニューモバックス(23価)2回うちも可能です。(間隔は5年以上あける必要があります。)http://www.kansensho.or.jp/guidelines/o65haienV.html#04

同じように帯状疱疹は小児期の免疫力が低下してくる50歳以上で増加しております。帯状疱疹ワクチンを一度接種を推奨されています。
高齢者においては肺炎は致命的になるうえに、自己負担額も増加の方向で国が動いているため、我々としては、肺炎・帯状疱疹の予防接種の推進に努めたいと思います。
内視鏡検査 ネット・電話での予約問い合わせを可能とします! 再掲載
各種内視鏡設備が整ったため、電話(窓口対応)・ネット(ホームページからのメールでの御回答)にて、内視鏡検査の問い合わせ・時間枠の調整を可能とします。予約枠を確保の上、①上部内視鏡検査は当日絶食で来院していただければ可です。 ②下部内視鏡検査は下剤の準備があるため検査前日までに一度来院 の流れとなります。尚、検査は症状や貧血・検診異常など検査適応の理由があれば、基本的には保険適応となります。全く理由がない場合には自費扱いになります。お気軽にお問い合わせください。
※土日・平日の診療 天候、staffの体調により、稀に臨時休診となる事があり得ます
当院では、事前に時短や休診予告した日や祝日以外は、土日診療を行なっております。ただし、土日や平日の診療は特に医師、スタッフ少数で運営せざるを得ない日もあります。雪や、天候、院長やスタッフの体調により、臨時休診となる事がしばしばあり得ます。今までもお伝えして参りましたが、この度改めてitokcからの告示として、2017.12月1日以降は、来院の前に、このホームページ(特にお知らせ欄とPick upの部分)を一度、御確認くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。

※御来院前に、このホームページ、お電話、Facebookの方で、臨時休診のお知らせが無いか確認されてから来院することをお勧めします。よろしくお願い致します。
1周年
この1年、多くの皆様に御支援をいただきました。来院患者数 のべ1万人を超えました。

Ope 180
(爪、皮下腫瘤、皮膚腫瘍、切開排膿など)

内視鏡診断内訳
上部内視鏡 258(+内視鏡下異物摘出 6)
下部内視鏡 88(+EMR 7)
その他 少々 
内視鏡377 (全合計)


画像診断内訳 
乳腺マンモグラフィー 360
単純レントゲン   964
超音波   832
(乳腺・甲状腺・胸部・心臓・腹部・四肢・体表・血管含む)
再診の予約はなるべく受付時間内の電話・窓口でお願いします。
夜間・休日・休診日のメール予約・電話は、緊急性の高い場合に対応するための電話となります。また、診療中はネットの予約には対応できないため、再診予約・予約の変更などなるべく余裕をもってのお問い合わせ・ご予約をお願いします。時間外は常に電子カルテ端末が手元にあるわけではありませんので、対応には日数を有する可能性があります。ネット予約の場合返事がない場合は受付にお電話をいただいたほうが確実と考えられます。

また、当院では完全予約制ではありませんので、当日お越しになってお待ちいただければ、診療ができる可能性が高いです。土日は予約確定済の方→当日直来の方の順番を基本としますが、重症度によりトリアージを行うこともありますので、ご了承いただければ幸いです。 また、稀にですが、診療時間・キャパシティによっては他院・別日・別時間をご案内する場合もございます。よろしくお願いいたします。院長
7月からの診療(特に乳腺)・予約(土日)・予約外(土日)について
・乳腺(女性医師、副院長の診察)は基本、平日のみです。ただし、穿刺ドレナージや抗生剤投与の必要な乳房の発熱・膿瘍形成など救急対応の必要な時には、院長が対応する等での例外もある為、時間等を電話で御相談ください。

・本年6月より、土日診療を中心に原則的に成人病での服薬などの事前予約のかた優先→その後、もしくは合間に当日直来・その他のかたの診療 という順序を基本にして診療としていますが、重症や診察前の検査準備など、病状により看護師などの判断によるトリアージをする場合があります。(結果として順番が前後することもあります。)救急での医療の観点から、何卒ご了承ください。

・秋は学会など、伊藤が多忙で変則的で申し訳ありません。予めの予約を頂いておりましても、稀に急な会議や体調により予約の変更をお願いする可能性もあるため、お電話の着信歴がありましたら、平日日中などにコールバックをお願い致します。
区民検診と、一般診療(採血や処方)同日診療は御遠慮ください。
8月より、区民検診(特定検診)期間中は混みあうため、一人で区の検診と、一般診療(採血や処方)同日は混合診療回避のため、ルール上御遠慮ください。

その他の保険診療外(自費診療)と、保険診療(通常の診察・処方)は同時に受診はできないため、基本的には日をずらすようにお願いしております。
インターネット(メディコナビ)からの予約について
ネット予約について:再診予約ではなるべく診療日の受付事務滞在時にお電話を。
週末・夜間に多くのネットでの予約お問合せを頂いた場合、空き時間を把握しての返答が困難な場合があります。また診療中にネット予約を頂いた場合も、診療が多忙で返信ができない場合もあります。返信が無い場合は是非、クリニックにお電話をください。
 ネット予約対応が量的に増加しているため、特に再診の予約では、可及的に医療事務の電話対応にて予約をお願いできれば幸いです。新患の初診の場合は、正確に連絡先やお名前が来院前に登録できるなど、結果的にスムーズに案内できる可能性があるため、ネット予約は新患の場合に主に有効と考えます。
御協力、何卒よろしくお願い致します。 院長
50歳~帯状疱疹、65歳以上の肺炎球菌ワクチン(2種類両方接種)のご案内
# 50歳~帯状疱疹
# 65歳以上の肺炎球菌ワクチン(2種類両方接種)のススメ

秋から冬になるとインフルエンザと共に流行りだすのが、熱・肺炎・気管支炎で止まりにくい咳です。65歳以上のかたは特に予防として一生に1回13価のワクチン(プレベナーR)と、23価のワクチン(ニューモバックス)を両方打つことをお勧めします。23価の方は、都(区)の助成で4000円で接種可能な券(問診票)が届くはずです。ただし65歳(になる年度)にしか使えないため、4~9月生まれのかたは、①プレベナー接種(自費で10800円) ②半年後にニューモバックス(区の助成の券をつかうと4000円)を年度内に接種 をお勧めします。
プレベナーは一生に1度ですので、一生ものです。
10月~3月生まれのかたは、とりあえず区の助成でニューモバックスを打ってください。その後にプレベナーを打ってください。
同じように帯状疱疹は小児期の免疫力が低下してくる50歳以上で増加しております。帯状疱疹ワクチンを一度接種を推奨されています。
高齢者においては肺炎は致命的になるうえに、自己負担額も増加の方向で国が動いているため、我々としては、肺炎・帯状疱疹の予防接種の推進に努めたいと思います。
65歳以上は肺炎予防(予防接種)のススメ
以下の[1]または[2]に該当し、過去に23価肺炎球菌ワクチンの接種を受けていない方は65歳になったら肺炎予防を開始しましょう。http://www.city.kita.tokyo.jp/k-suishin/kenko/koresha/yobosesshu/haienteiki2015.html

[1]平成29年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方

平成29年度に定期接種の対象になる方は、平成29年度中(平成30年3月31日まで)のみ定期接種として接種が受けられます。

[2]60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)
※[2]に該当して接種を受けた場合は、以降は定期接種の対象になりません。

使用ワクチン:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(ニューモバックス)

生涯に1回:過去に23価肺炎球菌ワクチンの接種を受けた場合は定期接種の対象外。

接種費用:自己負担額4,000円

生活保護世帯等の方は自己負担額が免除になります。
※公害医療手帳をお持ちの方は、自己負担分が療養給付の対象となる場合があります。また、脾臓摘出患者における肺炎球菌による感染症の発症予防のために接種する場合は、健康保険が適用されます。

接種方法
[2]に該当する方については北区健康推進課以下TELへお問い合わせください。

持ち物
?予診票+?健康保険証または後期高齢者医療被保険者証等の本人確認書類 +?自己負担金(4,000円)

実施場所:北区協力医療機関(PDF:153KB)及び他の22区の協力医療機関(当院も協力機関です)

?健康推進課コールセンター電話03-3908-9034
?健康推進課健康係電話03-3908-9016
自費での乳がん検診のススメ
乳腺マンモグラフィ撮影技術認定の女性技師さんの待機する日は、進行乳がん撲滅のために活用していただきたいと思います。 
(乳腺ドック)プレミアム自費検診(マンモグラフィー+エコー+指診・触診)をすべて助成技師・医師により可能です。検診受診率の向上のため、秋までの価格(通常より-2000円)と設定させていただきました。

マンモグラフィー 10000円→8000円(税込)
乳腺エコー 7000→5000円(税込)

マンモ+乳腺エコー+視診触診・同日説明セット13000→11000円(税込)

・ただしAMは10:30~12:00、PMは14:00~16:15までにお越しいただく
・予約可能(優先的に診療致します。待ち時間は微小です)
・精度をたかめるため制汗パウダーを付けてこないこと、
・予約を電話で事前におこなうこと、
・授乳中はさけること
をお気を付けください。
土日の診療については
土日の診療については、予約は前日昼までとしています。前日の深夜、当日の早朝・当日中の予約は、混雑日は電話予約が受けられない日も多くあります。その場合は直接お越しください。少し待ちますが、可能な限り対応いたします。 土日の予約は平日、受付にて電話予約をお取りしています。 

再診の予約は基本的に同様に平日の電話でお願いいたします。

金曜日は休診日にて、緊急な連絡のみにさせていただいております。予約のお問い合わせは受けられない日もありますので、ご注意ください。
時短・休診の暫定予定
東京都ひまわり上は↓↓(しかし反映されるために時間を要する為、HPでの”お知らせ”が一番最新です)
http://www.himawari.metro.tokyo.jp/ap/ij/sho/pwtomnijlt01_002_01.aspx?&chosanendo=2016&chosano=1&kikancd=2135800045&kikankbn=2#med03
北区助成の乳がん検診設定日空き情報
 当院は北区乳がん検診実施の施設です。
区から受診券が届いたら、①北区健康推進課に電話し(03-3908-9034(9016)、受診番号を得られたら、②当院にお電話いただき、予約を取らせていただきます。女性の乳腺認定放射線技師(マンモグラフィ認定技師)+女性医師(視診・触診)にて完結して行うため、スムーズかつ安心して検査が行えるため、好評です。

乳がん検診の受診者が増えることが、乳がんの早期発見・志望者の減少、撲滅に大きな貢献をすると考えています。
これからも土日・夜間も対応します。
土日の診療に関しての続報です。一人で全診療を行う日もあります。Drが2人体制の日はやはり速いです。また、スタッフ不足の日もあり、速度は日にり異なることを御理解いただければ幸いです。

診療の順番は”予約枠”(約1時間に数名枠、受け付け順)→当日予約・直接来院した患者様(来た順)の順番として診させて頂いております。2人体制の日は、特殊な診療内容(専門性の高いもの)を院長・副院長それぞれが有しているため、必ずしも受付順とは限らないことを御理解いただければ幸いです。重症度によってトリアージを行うことがある点も同様です。(この点は平日にも当てはまります。)日曜日にトリアージを行った場合は、厚生省のルールに従って、同意頂ければトリアージ加算を頂くことになります。

予約の診療についての目標として、なるべく予約枠(1時間数名)+30分~せいぜい1時間以内に診療開始させていただくことを目標に行っております。 この為多少お待ちいただく時間帯もございますが、基本的には、当日予約なし、直接来院でも、お越しいただき、お受けしました診察は基本的にはお待ちいただければほぼ全例・全力で診察させていただきます。あまりに遅くなってしまう場合は、別途医療センターを御紹介頂きます。しかし、当日来院・当日予約の場合、空いている、あるいはまだ予約枠の空いているお時間をご案内させていただき、その時間まで外出して時間を有効にお使いいただけるように配慮するなど、相談も可能です。

もちろん、院内のTV、音楽を聴きながらアロマの香りと、健康情報紙面、雑誌、御自分のスマホやPC、読書でお時間をお過ごしになりつつお待ちいただくことも可能です。

求めている全ての方に、医療を届けることが、院長のモットーですので、皆様の御理解・御協力をいただくことで、当院の地域医療への貢献の最大限の効果が発揮できることと願っております。    院長
当院における予約の考え方
当院では、他院で対応できない土曜日・日曜日診療をも、日常的に行っているため、土日のAM~昼前後に混み合い、皆様におかれましては、時間帯により1~2時間程、お待たせすることがございます。
元々、当院では完全予約制ではありません。 仮に完全予約制をした場合、重症患者さんをトリアージして救命するなどが、成り立たなくなるからです。医療というのは、救命を土台に成り立っていると考えています。
そのため、当院における予約の意味は幅広く、通院日時の目安だと位置付けております。事前に診療内容を含めて、目安が立つことで、点滴や薬剤、検査機器のセットアップなど準備ができやすくなるため、スタッフにとっても、患者さん自身にとっても、やはり予約はありがたいものです。  予約時間通りに診察を受けられると思っていらっしゃった患者さんには大変お待たせして申し訳ありませんが、その分、医療を必要とする多くの皆様が、それぞれ満足いく医療が受けられるように善処致します。

(例)として、9時50分に来られた患者さんが重症などで長引けば、10時の予約のかたの診療が11時になることもございます。 10時の予約=10時台の予約(~11時頃迄の間に診察開始を目標とする、ただし患者さんの病態によっては11時過ぎになることもございます。)
2017年6月から暫くは、土日診療に関しては試験的に、慢性疾患の予約優先とさせていただきます(平日に、かかりつけの方は例外あり)。一方、平日については、これまで通り、当院に着た順番と予約時間を共に尊重します。重篤例は別途トリアージします(休日は加算あり)。
          いとう王子神谷内科外科クリニック 院長
休診日のお知らせ
近くなり変更する可能性もありますので、また随時HPのこのお知らせで御確認くださいますようよろしくお願いいたします。
東京都ひまわり上は↓↓
http://www.himawari.metro.tokyo.jp/ap/ij/sho/pwtomnijlt01_002_01.aspx?&chosanendo=2016&chosano=1&kikancd=2135800045&kikankbn=2#med03
重要:6月~土日の診療=予約優先とします。
 重要! 6月~土日の診療(予約優先)の変更のお知らせ

 皆様、おかげさまで、開院から半年たち皆様の御支援に心から感謝いたします。開院日より今まで、土日の診療に関しても、来院されたかた全てに診療を届けたいと、救急外来の如く、全力疾走してまいりました。多くの方々にエールを頂いた一方で、内視鏡検査や予約の慢性疾患(高血圧・糖尿病・高脂血症を中心に、心疾患・呼吸器疾患・肝疾患・慢性胃炎ど内科・小児科などの、フォローや薬を切らすことができない患者さんにおかれましては、しばらくお待たせることもあり、誠に申し訳ありません。5月から開始する乳癌検診、6月から開始する予約制の特定健診、胃がんハイリスク健診、大腸がん健診などの請負機関となったため、土日のこれ以上の混雑を予防・緩和させる必要があります。そこで、今後の試みとして
 2017年6月1日より当面の間、土日診療に関しては慢性疾患の予約優先(事前予約制)とさせていただきます。
 
一方、平日については、当面は混雑が少ないため、これまで通りです。着た順を大切にしつつ、予約も尊重し善処致します。重篤例は別途トリアージしています。



 土日の予約は基本的には平日に受け付けにお問い合わせいただき、予約状況を確認のうえで、予約を入れていただきます。
 当日電話して来ていただいた方、もしくは予約無しでお越しのかたは、混み具合と内容により予約のかたの後(間)に、診察させていただきますが、混雑状況によっては、”病院”の救急外来などの受診をお願いすることも出てくると思います。比較的空いている日時間帯、稀ですが医師が複数いるなどには、対応できることもあります。
例外として、普段平日などに上記の慢性疾患の処方を請け負う成人・小児のかかりつけのかたの、臨時対応などは緊急扱いで診療させていただきますので、平日かかりつけのかたは御一報ください。貴重な医療資源・医療設備・医療スタッフをみんなで活用し、永く存続する為に、皆様御協力を何卒よろしくお願い致します。
          いとう王子神谷内科外科クリニック 院長 伊藤博道
時間外の縫合・止血(一般外科)対応
当院は開院時より、時間外・夜・早朝・休診日にも包丁などで切創に対して、創傷処置・縫合・止血などに対応できる場合がありますので、まずは電話にてお問合せ下さい。

プラセンタのサービスのお知らせ
安く、プラセンタ注射・内服を取り扱っております。アレルギーが治った、疲れが取れた、お肌がきれいになった、更年期障害が緩和されたなど、思いのほか好評です。
プラセンタ(ラエンネック)の皮下注射は自費、2017年春の特別価格は、税込み¥1000円です! (保険診療と同日は避けてください。)血液製剤につき、初回は同意書を記入お願いします。

JPBポーサイン(内服薬)のプラセンタは、春の特別価格(夏まで限定期間):100錠で11,000と格安で取り扱っております。
夜間・早朝・休診日の往診対応のお知らせ
時間外・夜・早朝・休診日に院長の緊急往診が可能な可能性があります。病院へ行けない急病の患者様、まずは電話にてお問合せ下さい。病状・地域・日時にもよりますが、可及的に対応致します。
爪の治療 / 慢性ウイルス性肝炎の検査と治療
巻き爪や治療・手術行っております。予約、お気軽に問い合わせください。緊急性のあるものは、臨時で対応します。

肝炎(B,C型)の撲滅に向かい肝臓専門施設として治療に貢献致します。国の助成制度を用いると高額な治療も格安で受けられます。肝臓機能・肝障害・輸血歴など肝臓に不安のあるかたは、一度気軽に御相談ください。助成は、今年が最後のチャンスです。
副院長 医学博士号取得!
副院長の伊藤美帆が、医学博士になりました。この度、東京医科歯科大学の大学院博士課程において、学位論文がacceptされ、学位審査を通過し、昨日3.23学位を取得することができました。 お世話になった諸先生方、コメディカルの皆さま、誠にありがとうございました。

肺機能検査を含むアスベスト検診が可能です。
当院では、胸部レントゲン・診察・肺機能検査を含むアスベスト検診が自費で可能です。指定の必要な書式がある場合は、事前にお問い合わせ頂き、予約当日身分証明書・保険証をお持ちいただくことをお勧めします。電話等にて院長への事前の問い合わせ・予約につき、御協力をお願いいたします。
3月の診療変更(時短など)について
当院(以下itokc)では予定時間内受付であれば、休日も休日加算や時間外加算をとりません。風邪・腹痛・黄疸・高血圧・糖尿病・健康診断・健康相談など、お気軽にお越しください。年末年始・大型連休に特別診療を行うときのみ、休日加算を頂きます。
これから妊娠を希望される女性(19歳以上)のかたにお知らせ
現在北区在住で、これから妊娠を希望される女性(19歳以上)で、今まで風疹に罹患していない方は、公費で風疹抗体価(採血)、および風疹ワクチン接種が、北区の女性で無料で受けられる可能性があります。北区役所の健康保険課に問い合わせ、受診の問診票(抗体価採血)をお取り寄せて当院に御連絡・御来院ください。
火曜日PMのレディースタイム解除のお知らせ
開院時より、火曜日PMは乳腺外科中心のレディースタイムと設定してきましたが、皆様の要望により火曜日PMも男女問わず、どの患者様も幅広く受診可能と致します。お気軽に御相談・御来院ください。
新規開院のお知らせ
2016年11月1日に、いとう王子神谷内科外科クリニックが新規開院いたしました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
小児のインフルエンザ予防接種について
小児のインフルエンザ予防接種では、母子手帳を持参していただく必要があります。
健康保険証、母子手帳を持参でよろしくお願い致します。
NEW 在宅酸素療法を行なっております。

当クリニックでは慢性閉塞性肺疾患(COPD・タバコ病とも呼ばれます)、慢性気管支炎、術後の治療、肺炎などの呼吸困難、呼吸器疾患に対する在宅酸素療法を承ります。
帝人、フィリップスなど各社取り扱い可能です。
息切れを感じる方はぜひご相談ください。

NEW 助産師外来のお知らせ

当院では助産師による母乳の相談・指導を行っております(予約制、自費診療)。
母乳の量、乳腺炎、卒乳・断乳などについてお気軽にお問い合わせください。

助産師による乳房マッサージ 3500円/回 (自費診療 )
助産師による母乳相談・指導 1500円/回(自費診療)

膿(うみ)を伴う乳腺炎の場合は外科的処置や投薬治療が必要となります。 授乳期以外で異常な乳汁分泌がある方も診察します。

NEW プラセンタ 2018新春からの価格のご案内

疲労・美肌・肩こり・更年期障害・慢性痛・アレルギーに効くという胎盤抽出物質(プラセンタ)を特別価格でご案内いたします。

▽純正プラセンタ注射(人由来ラエンネック)
1筒 1,000円(税込)週1~3回皮下注射が推奨です。
ラエンネックについての詳細はこちらをご覧ください。

▽純正プラセンタ内服(JBPポーサイン100)
100錠 11,000円(税別)1日3~6錠の内服が推奨です。
JBPポーサイン100についての詳細はこちらをご覧ください。

睡眠時無呼吸症候群に対する検査と在宅CPAPについて診療をおこなっています。

当院では、睡眠時無呼吸症候群に対する検査と在宅CPAPについて診療をおこなっています。
簡易な睡眠時の無呼吸検査の結果を踏まえ、適用があれば、大変小さく軽量の機器を含めご提案させていただきます。
小さく最新の機器をレンタルしても、保険診療ですので、経済的にも負担変わりません。
夜間いびきが激しいかた、熟眠が得られないかた、当院の専門医に、お問い合わせください!

製品についての詳細はこちらをご覧ください。

医療従事者の皆様、医療に興味のある皆様

【C型肝炎ウィルス抗体陽性を見つけたら】
入院、手術、内視鏡、カテ前、健診などに無症状ながら初めて調べて判明する、C型肝炎ウィルス抗体陽性の方で、まだ未治療の方がいましたら、ウィルスの型と耐性変異株をチェックした上で適応があれば、今なら国の助成や会社の協力で、たった12週間の内服で、大まかな話、9割近いもしくはそれ以上の確率でC型肝炎ウィルスのRNAが陰性にできます。つまり昔、治らなかったC型肝炎治療はここまで進化しているのです。ただし、助成が効かないと高額な治療となります。

【最短で2017年迄限定の助成制度】
当クリニックではそのC型肝炎ウィルスを助成で極めて安く治療をできる認定施設になっておりますので、見つけたら、早めにお知らせください。今のところ今年2017年末までの、期間限定の助成なので、気づいたかたは、何卒、患者さんの為に、見て見ぬふりせずにお声かけを宜しくお願い致します。今年がチャンスです!

定期健康診断、雇い入れ時健診、アスベスト健診受付のお知らせ(自費)

通常の雇い入れ時、もしくは定期健康診断を12000円~でお引き受け致しております。若年者などの特例で、必要項目が通常より大幅に少ない場合は割引にできる場合もございますので、会社などの通知をお持ち頂けると幸いです。
また、アスベスト健診あらかじめ御予約頂くこと、保険証、身分証明書もしくはそれに変わる住所や連絡先が証明できろものなどをお持ち頂くようにお願い致します。会社指定の書式や必須な項目がある場合は、御持参頂けると幸いです。

花粉症治療を保険で行なっております。

症状に合わせた眠くなりにくい新しい内服の抗アレルギー薬、ベタつかない点鼻薬、点眼薬、点耳薬、漢方薬を組み合わせて治療を行なっております。是非一度ご相談ください。
また、5mlでの血液検査でアレルギー検査も随時可能です。ご相談ください。

クリニック概要

クリニック概要クリニック概要
当クリニックは、地域の皆様にとって便利なクリニックを目指します!

●南北線「王子神谷駅」徒歩2分。各線「王子駅」からもアクセス良好です。
●安心の土日診療を行っております。
●老若男女問わず診療いたします。(小児は2歳半からとなります)
●院内薬局も一部併用で安くて良いお薬を処方致します。
●インフルエンザは「安く予防、迅速に治療」をモットーとしております。
●外科専門医による丁寧かつ迅速な外傷処置をいたします。
●新型のデジタルマンモグラフィと超音波による検査を行います。
●苦痛の少ない内視鏡とレーザー光で癌の早期発見に尽力します。

当クリニックは、痒いところに手の届く医療と、憩いの場を目指します!

●高血圧・糖尿病・高尿酸血症などご相談ください。
→肝腎機能や年齢を考慮した個別化治療を行います。
●体に優しい経鼻内視鏡、細経の経口内視鏡検査を毎日行っております。
●健康診断、ピロリ除菌も行っております。
●肝胆膵疾患にも向き合います。
●難病、慢性疼痛、骨粗しょう症の診療や腎機能に対するサポートもいたします。
●けがや病気でご来院が難しい方はご連絡ください。往診も応談いたします。
●高度医療可能な大学病院、総合病院もご紹介いたします。

医院名 いとう王子神谷内科外科クリニック
診療科目 内科・外科・消化器内科・内視鏡内科・乳腺外科・呼吸器内科・小児科(2歳半から)・皮膚科・泌尿器科・麻酔科(標榜医:伊藤博道)
住所 〒114-0002 東京都北区王子5-5-3シーメゾン王子神谷3階
Googlemapで見る »
TEL 03-5959-770503-5959-7705
地図

※専用駐輪場あり(約10台分)
※専用駐車場はございません。
付近のコインパーキングまたは公共交通機関をご利用ください

最寄駅

最寄り駅案内
王子神谷駅 東京メトロ南北線 王子神谷駅
2番出口 徒歩2分
東十条駅 JR京浜東北線 東十条駅
東口 徒歩16分
王子駅 JR京浜東北線・東京メトロ南北線
王子駅 北口 徒歩16分
都電荒川線 王子駅前 徒歩20分
王子駅からは、バスも便利です!
都営バス 乗車4分
王子5丁目バス停下車 徒歩2分(王40,49,57,58)
消防署前バス停下車 徒歩2分(王49)
王子4丁目バス停下車 徒歩3分(王40,41,45,49,55,57)
診療時間診療時間

※救急・応急対応致します。
※土曜日の乳腺外来は完全予約制です。
●火曜日午後、時々院長が休診の場合があります。
●土曜・日曜日は朝9:00~(受付8:45~)より診療  休診:金曜日・祝日
★乳腺外科あり(女性医師が担当します)

月~木、一部土曜日に乳腺外科があります(女性医師が担当します)。
乳腺外科を受診する方は16時30分までにご来院ください。
また、診療時間や予約状況を事前にお電話等でご確認いただけますとスムーズです。

出張・手術などにより急にお休みになる場合がございます。
ホームページまたはお電話でご確認ください。
●体にやさしい経鼻内視鏡・細経の経口内視鏡検査が月~土毎日行えます。
●内科外科、一般診療、乳腺、予防接種:予約もできます。(患者様の状況によりお待ち頂くことがあります。)
●インターネット予約賜ります

診療カレンダー
2月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272801020304

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

3月
26272801020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829303101

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • : 休診
  • : 午前休診
  • : 午後休診

  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日
2018年2月の乳がん検診・自費検診・保険診療について
2018年2月の乳がん検診推奨日について、プレリリースです。詳しくはこちらをご覧ください。
2018年3月の乳がん検診・自費検診・保険診療について
2018年3月の乳がん検診推奨日について、プレリリースです。詳しくはこちらをご覧ください。
TV取材うけました。On Airは2.09金曜日 テレビ東京23時~23時半 http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
2.09(金曜日)テレビ東京でインフルエンザの治療についての、当院での治療について、放映がされる見込みです。
時間はワールドビジネスサテライト 23時~23時30分の間にOn Airとなる見込みです。
番組ホームページはこちら
2018年1・2月の時短・休診の予定について 再掲載
2018年1・2月の時短・休診の予定はこちらをご覧ください。
今月は研修の為、(土)はPM時短 17時受付迄。診療終了は18:30までです。(医師会等研修会あり)
※当日、忘れずに、ホームページの”お知らせ欄”にて臨時休診ないか?を御確認願います(http://itokc.jp)
院長・副院長・スタッフの体調により臨時の休診は常にあり得ます。
診療カレンダー
2月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272801020304

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

3月
26272801020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829303101

乳腺外科外来について
受付時間等詳細につきましては、当院にお電話でお問い合わせください。

  • :休診
  • :午前休診
  • :午後休診
  • :乳腺外科診療あり
  • :大腸カメラ検査日


  • 伊藤院長のインタビュー記事が掲載されました
  • 手術数でわかるいい病院
  • facebook
  • 8大癌制圧プロジェクト
  • 人間ドックプラン
  • 人間ドック各種健診
  • 人間ドック・健診個人負担の方インターネット予約はこちら
  • KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
  • LovesBaby.jp 愛する赤ちゃんを守るための感染症&ワクチン情報サイト
  • トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ
  • カプセル内視鏡大腸用
  • カプセル内視鏡 小腸用
  • カプセル内視鏡(動画)
pagetop